SATIN DOLLで、ダジャレーヌーボーバンド

12月22日
寒くなった。
昨夜は、朝6時過ぎに寝たので、起きたら13時。
冷蔵庫のものを何でも出して朝ご飯にして、急いで譜面を揃えて出発。
16時からSATIN DOLLでリハ。
遠藤律子、山口彰、井上尚彦、佐藤達哉。
このユニットは、ギャグの応酬で盛り上がるので、ダジャレーヌーボーという名がついている(名付け親は井上尚彦)。
3ヴォーカルナイト、カノンさん、晶子さん、さとこさんの3名が交代で歌って、今日は満席。
バンド4名のギャグは、演奏にも及んで、歌の伴奏でいろんなフレーズの応酬が始まって大盛り上がり、歌手の皆さんは気付いただろうか。
演奏がぐっと深みを増すと、お客様が集中してくるのがステージで感じられて、その瞬間が大好き。
佐藤慎一ベーシストが用事でSATIN DOLLに来て、最後のセットを聴いてくれて、演奏後ステージに来てくれた。
久しぶりに会う慎ちゃんは、ベース良し人間良しの素晴らしいミュージシャンだ。
メーザー音楽院の、Toquio Bossa Trio山根幸洋ベーシストの師匠だ。
FRV!に参加してくれていた。
音楽教室ルフォスタで講師仲間だった。
二人で、小田部代表の逝去を惜しむ。
また一緒に演奏をお願いしたい。
12月31日は、SATIN DOLLで年越しカウントダウンライブだ。
ビンゴゲームもあり、熱い熱いそしてたのしい演奏で、お客様に楽しんでいただきたい、と井上社長が熱く語る。
遠藤律子、井上信平、山口彰、井上尚彦、そして麻生光希の出演。
どうぞお出で下さい!
カテゴリー:

検索

  • 購読する