実家のお正月飾り

12月30日
生活クラブのコンプレ(パン)、ノンオイルツナと卵オリーブオイルソテー、大葉とブロッコリー。
昨夜より、実家に一人で行くのがつらくて悩んでいたが、妹が一緒に行くと言ってくれてほっとした。
鏡餅、ドアの飾り、みかん、半紙、榊、正月のお花を買って実家へ。
母が生きている間は、実家もちゃんとお正月を迎える支度をして、母が夢の中で帰って来ても寂しく思わないように、と。
駅に降りると、もうそこから思い出が一杯。
父と一緒に母の病院を訪ねる時に、アイスクリームを買ったお店。
母を連れて行った美容室。
チャイムを鳴らすと、先に来ていた妹がドアを開けてくれた。
九谷焼の大き目の花瓶に、妹がお花を活ける。
少し大きい鏡餅の上にみかんを置いて、お花と並べて飾ると、家が生き返ったように見える。
神棚に榊を供えて、8つの部屋に、小さい鏡餅とみかんを半紙の上に置いて飾ってお祈りをした。
どの部屋に行っても、父も母もいない。
まだ信じられない気持だ。
帰り道、母の見舞いの帰りに父とよく行った喫茶店でコーヒーとケーキ。
妹も母の病院見舞いの時に、父と来て、父がほとんど何も食べないと言っていたことを思い出した。
どこもかしこも、思い出が一杯。
妹と、芝居の話やいろいろな話で2時間あまり、ゆっくり過ごした。
妹とは、年が近くて子供の頃は母が縫ったおそろいのワンピースを着て双子のようだった。
今も、心強い存在だ。
帰宅して、一仕事、ほっとした。
ホタテとキャベツとブロッコリーと茸のニンニク海塩炒め。
なまり節、赤蕪漬、納豆、ほうれんそうのお味噌汁、野菜餃子、チリコンカン、みかん。
1月19日SATIN DOLL、ブラジル曲ライブの曲の譜面作り開始。
どうぞ皆様、お出で下さい。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する