カフェスロー

12月25日
14時過ぎに、国分寺カフェスロー。
辻信一さんの妹さん、なかくぼくにこさんの写真と、おかあさまの臣華さんの絵のコラボ展最終日。
カフェスローは、身体に優しい料理、オーガニックフェアトレードコーヒー等の飲み物を出して、店内には自然食品、関連書物の販売コーナーがある、居心地の良いお店だ。
敷地内には、自然素材の靴下や焼き物などのお店、天然酵母おいしいパンのアチパン店もある。
着いてまずはアチパンで、マフィンやパンを購入、お目当てのカボチャマフィンが売り切れで残念。
カフェスロー店内右奥に、展覧会スペースがある。
白い壁に、白の額縁に納められたくにこさんの写真とおかあさまの絵が美しい。
臣華さんは、音楽を聴いて即興で絵を描いていらした。
美しい洒脱な色使いはいつまで見ていても飽きない。
くにこさんの写真は、自然にあるものを絵画の目で切り取って一瞬のアートに仕立てている。
絵心あふれる素敵な構図と、こんな色合いが私達の周りにあるのだと感激する観察眼。
お母様の絵が上に、くにこさんの写真が下に並べられたコーナー。
親娘で別の時に作ったものなのだが、見事な一致、そして両方とも美しい。
しばし見とれて時を過ごす。
くにこさんは、パルシステム生協の子育てを終えた世代向けの商品カタログKinariに連載されたフォトエッセーの写真を集めて本「ゆるやかに下降線」を出版している。
辻信一さんと、お店のアップライトピアノのそばのテーブルで、辻さんはアチパンの軽いプレート、私はチャイと黒糖ケーキで、じっくり話し込む。
松谷冬太、晶子夫妻も到着、4名で話をする。
辻さんが、ブルースのブルーというのはどこから来たのか、という大変に興味深い考察を話してくれた。
教授の話をこんな差し向かいで聴けて有難いこと。
盛り上がったところで、冬太さんがギターを取り出して、私はピアノの蓋を開けた。
即興ライブが始まった。
お店にいたお客様はびっくり。
You've Got a Friend キャロル・キングの名曲。
冬太さんが歌って、リフレインのところを私がハモッた。
お店にいらしたゴスペルシンガーも参加、3名で最後の部分は自由に演奏と歌。
お客様も一緒に歌った。
身体も心もあったかくなるカフェスローで、あったかい皆さんとあったかいライブ。
よき午後の一時だった。
カフェスローは、ゆったり時間が流れる素晴らしいお店だ。
お近くにお出ででしたらぜひぜひのぞいてみて下さい。
国分寺南口から徒歩5分以内です。
来年2月に、遠藤律子&松谷冬太ライブ開催予定です。
カテゴリー:

検索

  • 購読する