三鷹ロータリークラブクリスマス例会はサンバ

12月20日
牡蠣フライの下に、キャベツの千切りを敷いて、レモンをたっぷりかける。
小あじの南蛮漬け、赤蕪漬、昨夜作っておいたミニトマトマリネとスナップエンドウとスティックブロッコリー温野菜サラダ。
細ねぎと若布のお味噌汁に納豆を入れる。
母の用事で銀行へ、入院費の振込み。
中旬に、病院から入院費の請求書が届くと、ああーとため息、切なさでいっぱいになる。
毎日会いに行きたいけれど。
16時に、三鷹芸術文化センター地下レストラン着。
三鷹ロータリークラブクリスマス例会。
Toquio Bossa Trioとシキーニョ。
18時前まで、ステージ設営、音響機材セット、リハ。
18時半より、例会開会。
鐘が鳴って、私が伴奏で参加して、ロータリーの歌「奉仕の精神」全員大合唱。
会長あいさつ、乾杯。
食事が始まり、Toquio Bossa Trioのボサノバ演奏。
新しいCD収録曲も演奏する。
あたたかい拍手。
休憩時間に、バンド4名も、ロータリーメンバーの方と一緒においしい野菜も一杯のビュッフェを頂く。
2セット目は、シキーニョオンステージ。
いつも大ノリのシキーニョ、皆さんは宮崎さんが昼間小学校のクラスでドラムセッションを行った時に使用した小さなシェーカーなどを持って参加。
壁に座ったご高齢の紳士の皆さんが、おそろいの青い可愛いマラカスを振っているのがなんともチャーミング。
シキーニョは、歌が最高に上手いが、かけ声がかっこよく初めての方でも踊ってしまう親しみやすさとリズムの魅力がある。
サウンドプロデューサーの吉田和雄ドラマーが、後ろで次の曲を叫んで間の良いリズムで次々に歌が続いてどんどん盛り上がる。
これは勉強になった。
山根幸洋ベーシストもノリノリで振りをつけながら弾いている。
小さな可愛いお嬢さんが、リズムがノリノリになると前に出てきて、赤いドレスでシェーカーを振って一緒に踊る、皆ニコニコ。
ファミリーな雰囲気、お互いをあたたかいハートで思いやる、すてきなロータリーの皆様の、心温まるパーティ。
バンド4名も、その中に入れていただき、感謝感謝。
CDお買い上げ、大感謝。
宮崎夫妻に感謝。
ロータリー皆様、有難うございます。
帰宅してすぐ、冷蔵庫を開けて、ちくわぶを白ダシで煮る。
料理を作りながら仕事をしている。
明日の飛鳥Ⅱ下見、大桟橋の場所を調べる。
飛鳥Ⅱ初詣ジャズクルーズは、1月5,6,7日、もうすぐだ。
飛鳥Ⅱには、夜遅くまで開いているおすし屋さんがあるそうだ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する