11月17日ブラジル9日目

11月17日

天気が良くなってきた。

 

部屋で、若麦大葉の青汁粉末と昆布粉末を熱いお湯で溶いて飲む。

塩分0、昆布のだしが効いておいしくて、身体が温まる。

南米ブラジル、初夏でも朝はこのところ涼しい。

ホテルの近くの、ちょっとおしゃれなスーパーマーケットに行く。

オーガニックのコーナーが大きく取られている。

野菜が一杯ある。

珍しいナッツもある。

美しい大きな野菜が置かれている台、美術品だ。

その大きなピーマンが、砂糖漬になっているので驚いた。

長さが20センチくらいあるのだ。

14時にチェックアウトして、コパカバーナのホテルに移る。

ここが最後のホテル。

イパネマ海岸より、にぎやかなところだ。

イパネマの方が、品の良いリゾートのようだ。

17時半発で、今日のライブのお店にタクシーで向かう。

その道、ブティックブティック、カフェ、お店が並んで本当ににぎやか。

Café de Mare、、コパカバーナ海岸沿いのお店。

楽器をセット。

ナタウから来たゲストシンガー、バリシアさんの歌のリハ。

黒い髪、大きな目の素敵な雰囲気の歌手だ。

ブラジル人が書いた譜面、コードの記譜法が異なるものがあって、最初はよくわからなかったが、1回やってみたらわかった。

バンドと一緒に作っていく歌い方、ゆったり大きなノリ、太い声、素晴らしい。

4曲リハ。

その次に、南佳孝さんのリハ。

1つはオリジナル曲、もう一つはブラジルの名曲の日本語の歌詞。

良い声だ。

リハ後、海のものの料理を頂く。

パエリャは、2名分だが4人で丁度の大きさだ。

何か、お醤油のような味がした。

海の魚、エビ、イカ、貝がいっぱい入っている。

ブラジル時間で、21時20分ごろ演奏スタート。

昨日の素晴らしいピアニスト、フェルナンドさんも来てくれた。

今日は、吉田リーダーの誕生日、吉田和雄のブラジルの友人たちのお祝いとケーキ。

お客様は全員ブラジル人。

ブラジルの曲を演奏して、ブラジル人シンガーの伴奏をして、不思議な気持だが、音が出れば、国も何も関係なくなる。

思いっきりピアノを弾いた。

山根ベーシストも張り切ってベースを奏でる。

ブラジルのライブ、めでたく盛り上がる。

終わるともう0時過ぎ。

ブラジル時間だ。

バリシアさんが、ナタウにはジャズフェスティバルがあるので来ないかと言う。

ナタウは、サルバドールよりさらに北の街。

暑い暑い街だそうだ。

行ってみたい。

ホテルに帰って、吉田&南さんは、もう一度飲みに出かけた。

私はさすがに眠くて部屋に帰る。

 

カテゴリー:

検索

  • 購読する