Toquio Bossa Trio CD録音最終日

10月20日
Toquio Bossa TrioCD録音最終日。
今日は11時過ぎにスタジオ入り。
毎日、甘いものを買っていく。
今日はプリンだ。
12時から録音開始。
昨日もらって帰って聴いた音源から、今までの曲で問題点を出して、演奏しなおす。
吉田和雄から、よりブラジルテイストになるリズム弾き指導があった。
ピアノの前に約7時間の曲との格闘、最高の勉強だ、録音が勉強ではいけないのだが。
山根幸洋は、ウッドベース初録音で、いろいろと気を張っていた。
辻秀夫さんには、3日間長い時間お付き合い頂いて、バンド3名と菅原エンジニアと、5名でチームになって頑張った。
録音の合間に、ブラジルの宿泊ホテルの相談、何のライブを聴きたいか、など盛り上がる。
コパカバーナに、最初宿泊するらしい。
ビキニ紐パンは穿かないぞ!
今回のCDは、大人の雰囲気の曲がたくさんある。
ファンキーバップナンバーがサンバになった。
カルロス・ジョビンのあまり知られていない佳曲、私自身一番気に入っている曲だ。
最高に有名なうたもののスタンダード曲も収録。
発売は、来年1月の予定だ。
吉田和雄リーダー、楽しい3日間だったと言う。
バリバリ仕事をする姿、私も頑張ろうと思う。
楽器を片付ける2名、先に帰るのも寂しく名残惜しい。
帰宅して、10月27日SATIN DOLLFRV!秋のライブのお客様予約メールを頂いてSATIN DOLLに連絡メール。
藤陵雅裕から、27日に初演予定のジャズ曲ファンキーアレンジのキーが届いた。
アルトで吹くには高いと思って最良のキーを聞いていた。
これを、これからアレンジする。
12月3日SATIN DOLL気楽ライブ出演バンドリーダーよりバンド情報、お客様情報が届く。
名簿に書き入れる。
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する