茶音厨楽房 Toquio Bossa Trioリハーサル

10月4日
冷凍している雑穀御飯が無くなって、そば粉の野沢菜おやきと昨日の残りの料理を少し食べて、サンドイッチを買いつつ茶音厨楽房へ。
Toquio Bossa TrioのCD録音の最終リハ。
吉田和雄リーダーが買って来てくれたコーヒーとサンドイッチで、しばし録音の事と、来月のブラジルツアーの打ち合わせ。
タマさん(吉田和雄のニックネーム)は、いつも元気にキビキビとニコニコと仕事をしている。
ビザ取得の事、リオからバイーヤ州へのツアー等話を聞いて、気持が盛り上がって、いつものミーハー旅モードに突入。
昨日までに書いて清書した譜面を配って、リハ開始。
静かな静かなプライベート空間、茶音厨楽房で、3名集中する。
イントロやエンディング、コード付けなど、今までアレンジしたものを、3名で音を出してみて、タマさんの意見を聞く。
さらにこの場で新しくアレンジをして、何度も演奏してみる。
アドリブソロの長さ、ピアノとベースのソロ順、ドラムスのソロ、いろいろ凝り出すときりがない。
収録曲は、10曲。
あっという間の4時間。
頑張った。
実り多いリハであった。
あとは、自分の練習、これから18日まで、時間を大切に最大の努力をしよう。
帰りに、ナチュラルハウスに寄って、野菜を少し購入。
帰宅して、半分着替えた格好で、キッチンに立つ。
ジャガイモとレンコンを茹でて、生活クラブの平牧無添加美味ロースハムとナチュラルハウスで購入した野菜のきれいな色のピクルスと一緒に盛って、リンゴ酢と海塩と黒胡椒でサラダ。
ホッケの焼き物と大根おろし、厚揚げとちくわぶの煮物、蕪のお味噌汁、納豆とオクラと母の従妹の手作り海塩梅干と海苔と葱の和え物、梅干の香りが爽やか。
今日のリハの結果を譜面に書き込み、書き直し。
修正液とインクで、両手の指が白黒になる。
乾かしてコピー機で3部×10曲。
今回のCDの曲、エレガント、フェミニン、大人の情感、佳曲揃い。
部屋の掃除、キッチンの拭き掃除、お風呂のあと掃除、トイレの掃除、これらは毎晩夜中にやっている。
ストレッチも毎晩の習慣になっている。
カテゴリー:

検索

  • 購読する