SATIN DOLL 安ますみライブ

9月27日
16時前に、SATIN DOLL。
安ますみライブ。
藤陵雅裕、山口彰、井上尚彦。
そして、今日はじめて共演する、増尾好秋ギタリスト。
増尾さんは、十代の時に、渡辺貞夫グループに入団、渡米後ソニー・ロリンズバンドに参加。
日本を代表するジャズギタリストとして、ニューヨークに40年住んで多くの国で活躍している。
安ますみ師匠と一緒に到着した増尾さんの優しい笑顔。
演奏曲の相談、私の持っていった3曲と、増尾さんのアイデアで循環コードの2つの曲を、増尾さんと藤陵雅裕が同時に演奏するという1曲。
リハがすでに盛り上がって安心。
安師匠の歌のリハ、簡単なリハで本番は自由に進行する。
リハ後、おそばやさんで食事と歓談。
増尾さんは、7月から11月まで、鈴木良雄さんと二人で録音したCDのツアー70箇所以上を廻っているところだ。
お客様が続々おいでになって、満員御礼。
小野夫妻、白山さん、町田さん、板本先輩と真梨奈さん、染谷さんと田村さん、妹一行、山本さんご一行、有難うございます。
みづもとあつこ歌手、久しぶりに会って嬉しく感謝。
2セットの演奏。
オリジナル曲「家族」増尾好秋ギタリストのあたたかいギターの音色、藤陵雅裕の熱いハートのソロ。
安師匠は、ゆったりとしたリズムのステージ進行で、楽しい話でスタンダード曲へつなげていく。
完璧な音程、豊かな音色の変化、時間を刻むバンドと歌が一つになって、「意味ある」音楽の時。
2セット
B♭の循環2曲同時演奏、ラテンのリズムで明るく楽しい。
バンドは皆ニコニコ顔で、アドリブを回す。
井上尚彦の歌心の生き生きドラム、間が持つ間が持つ。
歌の「Good Life」音程の良さ、あまりに美しいメロディの歌唱に、最初の3小節目で涙。
美しいものを美しく、素晴らしく出来ているものをそのまま素晴らしく、といつも教えている安師匠。
それをそのまま聴かせてくれた。
「Summer Knows」山口彰のアルコベースと安師のデュオ、深いリズムの応酬、新しく生まれる生の音楽の素晴らしさ。
客席には、ルーテル教会コンサート出演の皆さんも揃っている。
この仲間達のライブは、来年1月13日SATIN DOLLで開催、私も出演する。
安ますみ、これぞジャズヴォーカル。
今日は、大人が元気に演奏する良きライブになった。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する