Dolphy FRV!

8月31日
今日で、8月も終わり。
17時に、横浜Dolphy。
FRV!ライブ。
織原良次、岩瀬立飛、藤陵雅裕、納見義徳。
楽器セット後、曲のテーマ中心にリハ。
アドリブは、リハでちゃんとやってしまうと、良いところが出てしまうので、極力やらないようにしている。
リハ後、バンド5名とお手伝いの若い衆2名で、迎えに来てくださった井手さんの先導で、井手さんのビルの二階の、韓国家庭料理店へ。
女主人のキムさんが迎えてくれる。
真ん中の丸テーブルに7名、石焼ビビンバ、冷麺、チヂミを頼む。
どんどん野菜の小皿が出てくる、そして絶品キムチ登場。
一同驚きと共に、全部おいしく平らげる。
一緒に御飯を食べると、家族の気持。
19時半、ライブ開始。
今日のライブの曲、前夜いろいろ考える。
今日来るお客様の事、季節の事、お店の雰囲気、前回のライブの感じと今回へのバンドメンバーの気持も考える。
いつも新鮮で、毎回楽しく、毎回音楽との出会いがバンド自身にあることが、お客様に喜んでいただく事につながる。
「Long and Winding Road」優雅なラテンにしたビートルズ後期の曲。
「Sentimental Chacha」遠藤律子オリジナル、納見義徳の深い情感のコンガ。
「紅葉」雨が降って秋の気配。
「おやすみ」オリジナル曲、CD「SMILE」、CD「心配しないで」収録曲。
「Suite Sandrine Part1」ミッシェル・カミロの熱いサンバ、藤陵雅裕の炎のサックス。
「夏の夜の夢」和の音、サンバファンクと融合。
「Play That Funky Music」お客様に一緒に歌って頂き、ギンギンファンクロック。
「Thank You」やまもときょうこ歌手が、岩瀬立飛ドラマーに用事で寄ってくれたので歌ってもらった。
        あたたかい心の歌唱、有難い。
        遠藤律子&岩瀬立飛コーラス隊。
「Inspiration」モントレージャズフェスの時の最後の演奏曲、オリジナル。
        ごついソンゴのリズム、全員ノリノリ、織原良次のベースソロご機嫌グルーブ、岩瀬立飛壮大なドラムソロ素晴らしい。
「Dale」かごめかごめとずいずいずっころばしの2曲には、だーれ?という歌詞が出てくる。
    これをメドレーにした。
    横浜ボートシアター俳優の吉岡紗矢と新井敦子に依頼して、一語してもらった。
    2名の芯のある発生の語り、会場惹きこまれて、かごめかごめに続く日本の歌の世界が拡がった。
    最初は、キューバのサンテリアのリズムのような形、そしてロックになり会場皆さんのだーれ?!という歌声の中、転調したところで藤陵雅裕のファンキーなソロ。
    そしてまたキーが下りてきて最後に皆さんとまた2コーラス歌って岩瀬立飛がテンポを早くして行って、締めの手拍子で皆一つになる。
    きょうこさんも参加してくれて、大盛り上がり。
Dolphyのジャズの魂が宿る空間で、今日もまた一つ良い時間を過ごせた。
感謝感謝。
カテゴリー:

検索

  • 購読する