市谷ルーテル教会 チャリティLOVEコンサート

8月21日
雨模様。
12時に、市谷ルーテル教会。
安ますみ&ますみ座、毎年恒例のチャリティLOVEコンサート。
安ますみ/ プロデュース •  ボーカル
井手麻理子/ ボーカル
山本景子 / ボーカル
西任暁子/ ボーカル
Lan / ボーカル
洸美(ひろみ)/ ボーカル
山本野乃香/ ボーカル
鈴木宏二郎/ ボーカル
藤山高浩/ ボーカル
善竹富太郎/ ボーカル
石原修/ ボーカル
仲野直樹/ ボーカル
安田岳弘/ ボーカル
北 正輝 /ギター •  ボーカル
バンド
木村雅彦/ キーボード
遠藤律子/ピアノ
根岸和寿/ベース
佐々木敬史/ドラムス
 
日曜礼拝が終わって、ステージセットは昨日中に終えているので、音響チェック。
そして、全曲をリハ。
メンバー手作りのおむすびを、皆で食べる。
女性達は着替えてメイク。
男性達も着替える。
15時開演
シンガーソングライター、歌手、狂言師でオペラ歌手、バンドギタリスト、様々な形で音楽活動をしている若者達中心の、安ますみ門下生達のコーラスだ。
教会礼拝堂の響き豊かな会場に、厳しい練習の4ヶ月を経てきた13名の美声が良く響く。
全員コーラス、デュエット、ソロ、ソロとバックコーラス、女性3人組、女性全員、男性全員、といろいろな形で演出されたコーラスが、ショーの楽しさになっている。
声の力は大きい。
伴奏しながら、何度もホロッとした。
バンドの3名の心優しき、そしてしっかりした技量の持ち主達と横に並んで演奏、笑顔で顔を見合わせて、コンサートの進行を楽しむ。
辻秀夫さんが調律してくれたスタインウエイのピアノ、残響が大きい会場で、弾いていて心地よい。
舞台の下手奥で、お互いの歌を出番でないメンバー達が聴いて、感激している。
お客様の存在は、出演者のパフォーマンスを何倍にも良くする力になっている。
あたたかい拍手、聴いてくださる気合、有難いものだ。
本番は、あっという間に終わってしまう事もよくあるが、今日のコンサートは1曲1曲たっぷり味わって楽しみ演奏して、お客様の反応と呼応するものがあって、実のあるものだなと思った。
お客様方から頂いた入場料、豊橋アンジェリカのクッキー売上げ、寄付金は、気仙沼の小学校の津波で流された伝統の太鼓を購入する資金と親御さんを亡くされた子供達への育英資金として寄付する。
安師のスピーチを聞いていて、涙が溢れた。
また、久しぶりに安師の歌と共演。
このイベントは、今年で9回目。
安師と石原さんが準備資金を提供、そして仲野さんが大きなサポートをしている。
We are the worldを会場皆様と一緒に歌って、あたたかい心の交流の中にコンサートは終了した。
打ち上げは、安師の知り合いの四谷のレストラン。
美味しいご馳走、そこここで今日の歌の感想、バンドの話、盛り上がる。
22時過ぎまで、ゆったりと過ごした。
来年も参加したい。
心の中にあたたかい納得するものをもらって帰宅する。
カテゴリー:

検索

  • 購読する