grand bleu STBの曲準備

5月9日
grand bleuレッスン。
けいこやコンサートの準備の練習。
秋のライブの練習。
発表の目的に向かって燃える皆さん。
一緒に楽しい一時。
グルッペで野菜を見る。
荻窪の商店街は、小さいブティックもいくつかあって、見るのも楽しい。
今日は、好きな赤系の爽やかな模様のチュニックを購入。
いつも男ばかりのバンドで、譜面の山に埋もれて格闘して、言葉使いも何もおばさんではなくおじさんになっている私だが、ステージの服や靴を買う時に、ちょっと嬉しい気持になる。
靴は、普段は階段が多い駅の乗り継ぎ等、仕事の荷物を運んでいるので、歩きやすい靴を履いている。
ステージでも、ピアノは横を向いて座っているので、お洒落の楽しみは靴だ。
帰宅して、明日のリハの譜面揃え。
譜面書き続行。
STBの演奏曲、FRV!の曲と、ゲストシキーニョ&吉田和雄の曲。
大体固まった。
吉田和雄とメールで相談。
詳細が決まって来ると、アイデアが沸いてくる。
毎回、集中していく中で、楽しい事、ワクワクするシカケが浮かんでくる。
それは、机の上ではなく、お風呂の中だったり、電車の中だったりする。
ずっと考えていると、たくさんの駒が、整列する瞬間が来る。
たくさんの候補曲から、最初が勿体無くて選べないのだが、段々捨てるものがわかってくる。
一旦そうなったら、迷わず突き進む。
コンサート、ライブでは、最初から最後まで、どうなるか見えてこないとうまく行かない。
見えてくるまでが、不安で心配だ。
父の一周忌の前の夜、曲のことで頭が熱を持って寝られなくなり、2時間くらいの睡眠だった。
毎回そんなことの繰り返しだが、お皿を作るのだ。
これで、リハでバンドが集まって実際に音を出せば、そこで各ミュージシャンから素晴らしいアイデアが出てくる。
それをお皿に盛り込んで、ライブになるのだ。
そして、お客様をお誘いする作業。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する