横浜ELIZA遠藤律子トリオ

4月8日
一昨日、実家の駅まで行った夜、夢を見た。
父と母を一緒の外出から実家まで送り届けて、冷蔵庫にうどんと具の練り物を入れて、母に「これで夕飯を食べてね」と言った。
母は「大丈夫よ、作れるから」と、まだ元気だった頃の声で答えた。
うどんに入れる野菜がないなあ、と思いながら、灯りがともった実家の居間に父と母の気配を感じて、ドアを閉めて実家をあとにしたところで目が覚めた。
父と母の顔は見ていない、姿は思い出せないが存在を感じた。
少し赤くてほの暗い明かりがともった実家。
二人が住んでいた頃、母が食事を作れなくなってから、よく夕食を作って帰ってきたものだ。
昨日、弟奥さんから携帯に着信があった時には、ついに母は父と一緒になったのか、夢は正夢かと思った。
妹と弟奥さんから、それぞれ相続手続きについての連絡あり。
私も、もっと早起きしないと銀行や役所に行く時間がなくなる。
横浜関内ELIZA。
遠藤律子トリオライブ。
17時半からリハ。
山口彰、井上尚彦。
今日のライブの最後に演奏するシャッフルの曲のエンディングの盛り上げ工夫をする。
盛り上がることについてセンスと気持を一つにする2名の仲間、すっと考えがまとまる。
智子さん、孝子さん、根本夫妻、井手さんの横浜の皆さん、いつも有難うございます。
板本先輩とお嬢様ご夫妻、いつも有難うございます。
先日の地震後の自宅生活の時に、譜面をABC順に細かく分けて引き出しにしまったので、選曲が非常に楽になった。
今日は、引き出しに眠っていた曲を数曲出してきて、あまり細かくアレンジをしていない曲を数曲、自由に演奏した。
ジャジーな感じで、3名の音のやり取りが面白かった。
お客様方との気持のやり取りの中で、新しく生まれるリズム、メロディ、ハーモニー。
音楽を皆さんとともにする、この時間が貴重だ。
ELIZA次回は、6月の金曜のどこかになる。
遠藤律子トリオは、4月15日に白楽駅ビル2階ブルースエットに出演する。
カテゴリー:

検索

  • 購読する