母の財務報告書類作り

2月12日
昨夜は、4時ごろまで母の財務報告資料作り。
現金の支出状況、預貯金の動き、母のお金のすべてを領収書と帳簿で証明する書類を作成する。
普段数字に弱いのだが、段々入り込んで燃えてくる。
立派な書類を作成して、前回の時のように、家裁にほめてもらうようにしよう。
今回の報告は、父が生きていた時は父がやっていた母の役所関係の事が記されていて、父の手書きの記録もあって胸が締め付けられるような思いになる。
後半は、父がいなくなって、父が支払っていた実家の経費を母に移行した経過があらためて、大変だったと思い起こされる。
昨年は、母の病状の急な悪化と父の死亡が重なって、子供達で右往左往の1年であった。
母の入院している病院は、父が保護者となって入院させているが、死亡後この保護者変更をしていなかった。
後見人である私が保護者となる。
母は、子供のような人間であったので、父は文字通り保護者だった。
自分の会社の仕事もままならず、母の面倒をずっと見てきた父。
今度は、私が母の保護者となる。
今日も、昨日のレストランの美味しいパンと、卵ほうれん草スープを食べてから、午後はずっと書類作り。
ピアノを30分。
プールで500メートル。
急いで山芋の皮を剥こうとして左手親指を削った。
明日は、Toquio Bossa Trio の激しい演奏、ピアニスト失格。
ドレスブティックMaymeの黒と赤のドレッシーなブラウス、素敵、着るのが楽しみ。
また書類作業。
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する