水戸自由が丘スタヂオトリオと美智子&さとみライブ

2月5日
11:45に美智子さんが迎えに来てくださって、3名ホテルを出発。
千波湖畔「とう粋庵」。
桜田門外ノ変から150年、深い縁で結ばれた水戸と彦根の和を形にした「さくら和膳」。
美智子さん、さとみさん、遠藤律子、山口彰、井上尚彦の5名で、季節を楽しみ味わいながら、ご馳走とお話に贅沢な時間を過ごす。
昨年公開の映画「桜田門外の変」の、桜田門周辺のオープンセットを見学。
観た映画のいろいろなシーンが頭によみがえる。
石灰石を細かく砕いたものを70トン敷き詰めて、雪としているが、踏みしめても本当の雪のようだ。
主題歌の切なく美しい歌が流れる会場を歩いて立ち止まって、江戸末期の歴史を想うゆったりとした一時。
映画メイキングの20分の映像を皆で鑑賞。
この世界にいざなって下さった美智子さんに感謝。
16時前に自由が丘スタヂオ着。
ライブモードに入る。
山口彰、井上尚彦は楽器を今日のセッティングに調整。
私は、今日の曲確認。
今日は、美智子さんとさとみさんの歌のライブパーティだ。
テーブルの周りをイスが囲むセッティングにして、さとみさんのお料理と各種ドリンクサービスがある趣向だ。
まずは、歌のリハ。
美智子さん3曲、さとみさん1曲、テンポ等綿密に打ち合わせ。
リハ後、おそばやさんで夕食を頂く。
18時過ぎからお二人のお客様が大勢お運びになる。
華やかなパーティの雰囲気。
いつもライブでお世話になっている渡辺さんも私の近くに座ってくださった。
1セットは、トリオ演奏と、美智子さんとさとみさんの歌。
お客様が一緒に楽しんでいる雰囲気が演者に伝わり、春を愛でる素晴らしいヴォーカルショーになった。
2セットは、トリオ演奏。
今日は、宝塚で良く知られている曲のボサノバアレンジや、キューバの古い名曲など、そしてタンゴの曲も。
素晴らしいノリのライブ、アンコールを頂いて、二人の歌手の共演、手拍子で盛り上がる。
今日も「ずいずいずっころばし」。
ダンディなファッションの男性が躍り出る、そして女性の方もステージ前で素晴らしいダンス!
本当にパーティとなった。
なんと楽しい夕べだろうか!
企画人の美智子さん、実行に大きなお力をくださったさとみさん、そしてとっつあんぼうやの皆様。
楽しい水戸自由が丘スタヂオライブ、有難うございます。
出会えたお客様、有難うございます。
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する