SATINDOLL年越しカウントダウンライブ

12月31日
父の夢を見た。
少し若かった頃の顔をした父が横になっている。
私は夏布団をかけながら、「眠れ良い子よ、、」と歌いかけていた。
起きてからも、子守唄は頭の中で鳴っていた。
遂に大晦日。
去年とは、去る年、今年とは今の年。
父が亡くなった年が、去る年になってしまうのが寂しい。
今まで、こんなに行く年を惜しむ事はなかった。
毎晩、お風呂に入る前に、台所の流しと流しの周り、ガス台も全部拭いてきれいにする。
毎日やると、水拭きでよし、特別な洗剤がいらない。
拭いた布と、手拭きなどを、酸素系無添加漂白剤と液体セッケンを溶かしたお湯につけて朝まで置いて、朝洗って干す。
洗面所の鏡とシンクをやはり水拭きしてから乾いたタオルで拭く。
お風呂から出る前に、お風呂の床や壁を液体セッケンで洗う。
水気をタオルでふき取り、ドアも拭く。
毎日やっているので、特別大掃除は必要ない。
SATIN DOLLに17時半。
今日は大晦日のカウントダウン年越しライブ。
遠藤律子、河原秀夫b、井上尚彦drs、井上信平fl、麻生光希vo。
19時から23時まで、3セットのライブ。
井上信平フルート奏者、大人の歌心で完璧な演奏、リズムが素晴らしく粋で楽しい。
河原秀夫ベーシスト、エレベとウッドを持ち替えて、センスの良いすばらしい演奏。
井上尚彦ドラマー、熱くスピードに乗ったプレイでゴージャスにグルーブ。
麻生光希望歌手、艶やかな声でノリノリ華やか歌唱。
達者なミュージシャンと一緒に、気分良く演奏、有難い。
お客様、年末のノリで大いに盛り上がる。
常連のお客様方、それぞれのミュージシャンのお客様方。
牧野先輩、すみ江さん、牧野先輩は今日で3日ご一緒嬉しい。
ひろ子さんご夫妻、芳子さんとお友達、有難うございます。
演奏の後は、ビンゴ大会。
高級牛肉、ボトル券、ワイン、化粧品など盛りだくさんの賞品、会場和気あいあいで楽しむ。
いよいよ今年も終わりに近づいた。
あと2分、私はそっと手を合わせた。
光希さんのカウントダウンで、2010とさようなら、21011年よこんにちわ、時報が鳴った。
「1月1日」を大合唱。
その後すぐに「星に願いを」「トリステーザ」と、サンバで続く。
お客様方、席を立ってお店の中を輪になってまわって、新年を祝う。
私は、ヘッドセットマイクで前に立って、タンバリンと「オレー、オレ!」のかけ声担当。
コール&リスポンス、お客様方反応良し!
熱い熱いニューイヤーパーティとなった。
そして、今日で最後の河野店長のさよならパーティ。
井上尚彦が河野店長をステージに連れてきてドラムを叩いてもらう。
ドラマーだった店長、お店のテーマ曲「SATIN DOLL」を、一緒に演奏する。
27年お店に勤めて、世話になった河野店長。
涙があふれる。
お客様のあたたかい拍手。
お店は一旦終了。
残ったお客様方と井上社長、店長、井上尚彦とヨシキ手伝い人、私は、氷川神社に初詣で。
父は、毎年元日に家の近くの氷川神社に初詣して、甘酒を頂いてだるまを沢山買ってきた。
私も毎年だるまをもらって、片目を入れていた。
最後に初詣した時には、母は家を去り、私が一緒に行った。
途中で具合が悪くなって歩けなくなった父。
だんだん体力がなくなっていったのだった。
そんな事を思い出して、ただただ感無量で、赤坂の氷川神社のかがり火を眺めていた。
お店に戻って、食事会。
社長の心づくしのおいしいお料理が並んだ。
アボカドディップ、トルティージャ、グリーンカレー、鶏ソテー、お鮨、タコとイカのイカの墨煮、各種洋風お刺し身、パテ、チリコンカンなど。
皆さんと一緒に頂いて話をする。
河野店長と話をする。
あたたかいハートの河野さん。
別れは寂しいが、新しいお仕事での活躍を祈念する。
井上尚彦とヨシキ君と帰り道、音楽を熱く語って今年はますます盛り上がろうと約束する。
家に帰ると、4時。
もう夜が明ける。
今年が始まった。
今年は、ピアノの中に溶け込んでしまうくらい、ピアノを弾こう。
カテゴリー:

検索

  • 購読する