真冬の銀座で、スタンダードジャズライブ

1月13日
生活クラブの野菜等が届いた。
今日中に使うべき冷蔵庫の食材を使って、いろいろ作る。
鯖の味醂漬、ほうれん草入り生タリアテレを茹でて昨日の白菜クリーム煮と合体させる。
豆腐が余っていたので椎茸と葱と一緒に湯豆腐も作る。
数日前のトマト風味のカレーも出して、まとまりのない食卓。
ミックスナッツとドライフルーツをかけたヨーグルトは、メープルシロップで。
体操、背中の筋肉を落とさないようにしたい。
背中の筋肉が落ちると、ぎっくり腰になる。
19:45から、銀座エムズで演奏開始。
山口彰、影山Miki。
「My Shining Hour」アーネスティン・アンダーソンの歌で聴いて、良い曲だと思った。
「P.S.I Love You」ベッド・ミドラーが映画の中で歌っていて感動した。
「I Wish I Knew」コルトレーンのバラード演奏でずいぶん聴いた曲。
スタンダードを中心に、エレガント路線。
お客様に、パワーポイントの使い方を教えて頂く。
面白そうだ、使えるようになりたい。
帰り道、寒くて頬が凍える。
あんなに夏は暑かったのに、こんなに冬は寒い。
銀座も、真冬だ。
帰宅して、温かい番茶、苺一つ。
ライブのスケジュール調整。
どんどん行きたい。
落語の本を読む。
落語家のプロフィールを読みながら、どういう風にするとあんなに面白い事がたくさん言えるのだろうと思う。
いつも、面白いことを考えているのだろうか。
1月31日にシンコーミュージック・エンタテイメントから発売される、『W100ピアニスト ~ジャンルを超えた女性演奏家たち~』(本体価格 1,000円+税)
「いつの時代も女の子のお稽古事の筆頭に上げられるのがピアノ。クラシックはもとよりジャズやポップス、ロックといった音楽のあり方にこだわらず、各団体に所属する
プレイヤー、フリーで活動する方やピアノの先生まで、多彩なジャンルのなかで時代とともに光り輝く女性ピアニスト&キーボード・プレーヤーにフォーカスし、ピアニ
スト&キーボード・プレーヤーという仕事を再考する。」
100名のピアニストに入れて頂き、
見開き2ページで取り上げられている。
どうぞ御覧下さい。
カテゴリー:

検索

  • 購読する