銀座SWINGで、ファンキージャズヴァージョン!

11月30日
11月の最後の日。
ほうれん草の胡麻和え、レタスとラディッシュとスナックエンドウのサラダ、ミニシュウマイ、スクランブルエッグ、鯖の胡椒ソテーレモン添え、若布と葱のお味噌汁、雑穀御飯。
急いで作った。
銀座SWINGに16時。
大坂昌彦drs、生沼邦夫b、小池修ts、藤陵雅裕as。
小池修と藤陵雅裕は、同年代で、同じような多岐にわたる活躍の、見かけも演奏も重厚なすばらしいジャズ奏者だ。
生沼邦夫は、ウッドベースの品がある正統プレイで存在感が大きい。
大坂昌彦は、超人気ジャズドラマー、粋な歌い方でジャズの魅力を伝える。
達者な、良い年代の4名の奏者と、リハも楽しく充実の時間。
18時から、続々とお客様がおいでになって、華やかな銀座ライブの雰囲気満点。
3セット、4ビート、そして5つの国のラテン曲など、2管でジャズのコンボの典型演奏。
ピアノの鍵盤を叩く指が喜んで、私もニコニコ嬉しくなって、幸せだ。
今日お出でくださったお客様、バンドメンバーに感謝感謝。
Toquio Bossa Trio CDお買い上げ、有難うございます。
銀座SWINGは、1月7日の出演が決まっている。
ぜひぜひ又、お出で下さい。
帰宅して、12月11日気楽ライブパーティのバンド締め切りのお知らせを皆さんに送る。
プログラムに掲載するバンド情報が揃った。
17組のバンドが、演奏をする。
12月16日は、FRV!のSatin Dollライブだ。
いよいよ年末。
激しい1年だった。
懸命に生きた。
とても楽しかった。
音楽に生きた。
音楽は、人と人とのふれあいそのものだ。
有難い気持で一杯だ。
FRV!モントレージャズフェスティバルの動画が、youtubeにアップされている。
http://www.youtube.com/watch?v=LOlk4MK2fCw
9月18日16時からの演奏、「愛にあふれて」「Inspiration」だ。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する