鈴木重子25日カフェスローライブのリハ

12月23日
暖かい日。
荻窪grand bleuに14時。
久しぶりに、鈴木重子さんに会う。
12月25日府中カフェスローの、鈴木重子、辻信一、遠藤律子ライブのリハ。
鈴木重子さんがこれからシリーズで、カフェスローで開催していく「未来への手紙」トーク&ライブの第1回。
辻信一さんが名づけた「カルチャークリエイティブ」と呼ばれる、政治等の表には出てこないが、確かに地域で新しい活動をしている人達のネットワークを作っていくイベントの一つになる。
2時間、話をして歌って弾いて、充実のリハとなった。
帰り道、空を見れば夕焼け、雲の色が黒くなって今日も暮れていく。
とても寂しい気持で、胸が一杯。
時間が経つごとに、父への思慕が深まる。
冬は寂しい季節だな。
ミルトン・バナナトリオのCDを聴く。
南米の、暖かい気候の、気持がご機嫌な昼下がりのカフェのテーブルに座って、おいしいドリンクを飲んでいるみたいな、日なたの身体も心も温まる音楽。
生活クラブの秋川牧場、ローストチキンに、水菜とポテトサラダを添える。
ジャガイモと人参を柔らかく蒸して、さらしたタマネギと一緒にして、りんご酢(りんごジュース入りでまろやか)とわじまの海塩、胡椒、松田マヨネーズ少々。
余ったタマネギでスープ。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する