歌舞伎見物

11月11日
起きてすぐ出かけて、12時から、国立劇場で、遊ぶ会11月イベント、歌舞伎。
近松門左衛門作通し狂言「国性爺合戦」。
團十郎のお家芸、荒事が見せ場。
花道で、見栄を切ると、「成田屋!」と、声がかかる。
にらみをきかせて、片手六方を踏む。
なんだか、派手でめでたくて、涙がこぼれた。
ジャズでも何でも、こういう、人と人の気合が揃った時に、感動が生まれる。
この一瞬だけで、今日は最高だ。
話は、奇想天外、ありえない!と言いながら、楽しくて面白くてファンキーの極致。
山本会長と千秋会員と、3人でワーワー感想を言い立てながら、日本橋へ。
日本橋は、父が勤めていた会社があったところ。
日本橋もずいぶん変わって、三越もピカピカで、マンダリンホテルがそびえ立ち、父を連れてお茶を飲んだり、お店を見たり、食事をしたかったなあとしみじみ。
イタリアンレストランで、千秋酒豪は、白ワインのボトル。
私は、おいしいスパークリングウォーター。
前菜、バーニャカウダはアンチョビソースがおいしい、エスカルゴは牡蠣でやってもおいしいとは千秋グルメの言葉、4種のチーズピザ、穴子のバルサミコ酢、鯛のグリル。
大いに語り、大いに食べて、久しぶりの宴会。
来年の遊ぶトリオイベントの相談。
すっかり落語通になった千秋さん。
私も少し、自分の時間が出来たから、来年は、落語をたくさん聴きたい。
吉田和雄Toquio Bossa Trio リーダーから、来年の旅の仕事の連絡電話。
仕事も頑張ろう!
爪のガーゼ取替え、本当は、傷は何もつけずに乾かすと治りが早いらしいが、足なので、感染が怖くて軟膏をつけてしまう。
爪の痛みで、腰の痛みを忘れる。
優先順位があるものだ。
寒くなる時は、身体がストレス状態になり、免疫力が落ちるそうだ。
身体を温めましょう。
しょうが汁とレモンと蜂蜜とお湯で、ホットドリンク。
カテゴリー:

検索

  • 購読する