爪の手術

11月9日
右足の親指が腫れて治らないので、外科に行く。
待合室、ジャズが流れている。
待ち時間に、イヤフォンでサルサのCDを聴く。
ソファに座ったまま、つい、脚がステップを踏み出し、腰が動き出す。
目の前を、杖をついた方や、中年の子供に支えられてやっと歩くおじいさまが通る。
この場は、サルサと合わない。
威勢の良い元気な先生、あっという間に麻酔注射が親指に刺さって、びっくりする間もなく、爪を切り取られる。
5分で、手術後の患者に変身、脚を引きずりながら、待合室に出て行く。
帰宅して、痛み止めを飲んで、脚をイスに上げてしばらく過ごす。
父の遺産目録、各項目を証明する書類をコピーして、資料番号をふる。
銀行残高証明書、株式残高証明書、郵便貯金残高証明書、保険死亡時解約金証明書、家屋・土地価格査定書2社分、火災保険証書など。
遺産相続分割案も提出する。
私は、母の後見人であるが、相続の時には、私は母のライバルの立場になる。
後見人は、母のかわりに母の諸手続きが出来るが、それで母に相続の事で損失を与えてはならない。
そこで、こういう場合は、家裁が、母に特別代理人の弁護士さんをつけるのだ。
相続人全員と、母の特別代理人が、家裁に集まって、遺産分割案について、母に損失を与えていないことを確認する。
そのための書類を作成しているのだ。
母の財務報告で、慣れているとはいえ、間違いのないように、何度も数字を計算して確認する。
明日には、発送できるだろう。
生徒の方の譜面書き。
譜面書きは、絵を描くみたいに楽しい。
12月気楽ライブパーティのバンド、参加メンバー調整。
11月は、時間があるので嬉しいが、やる事もたくさんある。
夜に、再度痛み止めを飲む。
カテゴリー:

検索

  • 購読する