横浜BarBarBar

10月31日
今年もあと2ヶ月。
13時に起きて、大慌て。
カボチャと長芋の素揚げ(長芋揚げに青海苔をかけるとおいしい)、鮭のオリーブオイルソテーたっぷりレモン、湯剥きトマトとやまびこシメジのチーズソテー、ほうれんそうの胡麻みそ和え、白麹漬たくわん、豆腐と葱のお味噌汁(味噌は、玄米熟成味噌)、白六穀七分づき御飯。
わじまの海塩を使うと、だんだん味付けが薄くなって来て、醤油もあまり使わなくなる。
素材の味に向き合って、それを少し引き立てるくらいの感じに塩を使う。
最初から、味つけ、と思っていると、素材の味ではなく、調味料の味になってしまう。
塩も使わず、そのまま野菜を食べる事もある。
横浜Bar Bar Bar。
河野温カルテット。
山口彰b、二本柳守drs。
トリオ3名は、長い付き合い。
おおらかにアルトとテナーサックスを吹く河野リーダーは、本当にサックス吹きだ。
大人のスタンダードジャズセッション。
河野さんの、Bar Bar Bar音楽院のサックスの生徒さんたちが大勢いらして、ライブ後、しばし楽しい歓談。
明日から、11月。
11月は、行楽の秋の華やかな10月と、年末のやはり華やかな12月にはさまれて、いつも地味な印象の月だ。
今年は、父のことが一段落して、大仕事も落ち着いたので、ゆっくりして、自分の事をいろいろしたい。
体力作り、趣味の世界、家の断捨離、先の仕事のための下準備、ピアノじっくり練習。
楽しみな11月。
カテゴリー:

検索

  • 購読する