忙しい一日

10月20日
生活クラブのスパゲッティを茹でる。
野菜と卵のスープを作って、スープスパゲッティにした。
実家のガス代振込み、シーパップテクノ株式会社の振込み等で、郵便局と銀行を駆け巡る。
吉田和雄リーダーからMP3で送られてきた曲と、CDに焼いてもらった曲、録音ラフ盤を聴く。
問題点を譜面に書き込む。
細かい箇所は、お聴きになる方には問題ではない、ということがある。
大事なのは、ノリがよいか、情感があるか、だ。
感無量の曲もあり。
しみじみ、今までの音楽人生を振り返る。
最初にリリースした、ピアノトリオのアルバム「Love Letters」。
奇しくも、録音中のアルバム「Cry me a River」情感、コンセプトが同じラインだと感じる。
吉田和雄リーダーの、ロマンティックでセンチメンタルな感性、ジャズでサンバで、、求めるものが、同感。
2つのアルバム、年月を経て、まわり回って、同じところにたどり着いたが、その間過ごしてきた時間、人生の喜び、苦味、その陰影がピアノの音に乗っているように感じられる。
プールで500メートル、背中の具合を見ながら、今日は平泳ぎはやめた。
頂き物の新米を炊いて、生活クラブの五目ずしの元のビン詰め+自分で煮た椎茸、レンコン、母の故郷の干瓢を混ぜて、うちわで扇ぐ。
錦糸卵を作って、蟹のほぐし身、母の従妹の手作り生姜漬と一緒に、ちらし寿しに載せる。
海苔を千切りにして振りかける。
小さいお皿に盛って、父に供える。
父は、ちらし寿しが好物だった。
おいなりさんも作った。
若布と梅干のお吸い物。
今日は、普通の日だが、何かの日みたいだ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する