気楽セッション 明日の録音の準備

10月17日
父に、お水とお茶を供える。
生蕎麦、とろろ、鰯の酢漬け、小松菜の胡麻和え、大根の漬物、玉子焼き、納豆、手早く揃えて朝ご飯。
三鷹駅に12時半、買い物をしてSONIDOへ。
皆で同時に演奏して、ジャズ演奏を覚える、気楽セッション。
ピアノ:鈴木さん、勅子さん、千秋さん ベース:白山さん、松本さん ドラムス:赤井澤さん、宮崎さん サックス:白井さん、明子さん バイオリン:晶子さん
良く知っているお仲間が集まって、町内会秋祭りのようだ
枯葉、ブルース、うたものスタンダード、と皆さんのご希望曲が次々に登場。
1コーラスずつソロを回して、4バースソロ、ドラム1コーラスなど、ジャズ演奏の典型的進行を覚えながら、演奏者が集中して自分の耳で、何が起きているか、次にどうするかの瞬間的判断をするようにと、いろいろパターンを変えながら進める。
イパネマの娘、サビのコード進行が独特だ。
何の音階に乗って出て来ているかの分析が出来ないと、キーをはずしたアドリブになってしまう。
その箇所について、皆さんにコード分析、使えるノートスケールを説明して、皆さんは書き取っていた。
1ポイントレッスンとなった。
ビール、ワイン、紅茶、コーヒー、ジュースと、好きなものを飲んで、サンドウィッチなど食べながらの近況報告も楽しい。
バンドの演奏の機会もあって、そのお話を楽しく聞く。
最後は、大サンバ大会、テンポを早くして大盛り上がりの演奏、楽しい楽しい。
打ち上げは、すぐとなりのビルの居酒屋のお座敷。
2時間、ジャズ理論の事、12月気楽ライブのバンドの事、楽しいお話で大いに盛り上がった。
次回の、皆で同時に演奏して、ジャズ演奏を覚える、気楽セッションは、11月28日三鷹ソニドで開催する。
帰宅して、明日のToquio Bossa Trio CD録音の準備。
バイヨンのドラムソロの、ピアノバッキングフレーズを作る。
直前の、集中作業。
今日、SONIDOで、気楽演奏が始まる直前に、座っていて少し遠くのテーブルに紅茶を置こうとして、背中にピリッと電気が走った。
毎度毎度の、ぎっくり腰というか捻挫、軽いものだが、忘れた頃に、そして季節の変わり目、仕事緊張状態等の時に、やってしまうのだ。
もう10回目くらいなので、治る過程もわかっている。
用心、用心。
明日の準備、ピアノ練習、納得するまで頑張ろう。
楽しい音楽の一日、こういう過ごし方が出来る事が幸せだ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する