水戸自由が丘スタヂオ商工会議所ジャズライブ

9月10日
15:30に水戸自由が丘スタヂオ。
水戸商工会議所ジャズライブ。
納見義徳、山口彰、井上尚彦と4名でみっちりリハ。
ひろ子さんがコーヒーを煎れて、お菓子を出してくださった。
18時、藤陵雅裕到着。
おそばやさんで、PA担当若さまと大川青年、石田哲郎先生、バンド5名で、おいしい名物大根ざる。
これは、千切りにした透明の大根が蕎麦に混じっているのだ。
渡辺お世話人と打ち合わせ。
お客様、100名を越すところ、会場に入りきれないため、大変に残念ながら30名様をお断りしたそうだ。
勿体無い事、有難いこと。
来週のモントレ行きを励まして頂いて、元気が出る。
美智子さんが手作りの蒸し饅頭を沢山持ってきてくださった。
フローリスト沙奈江の沙奈江さんに又お目にかかれて嬉しい。
渡辺お世話人のスピーチ、そしてライブが始まる。
「波乗りオクトパス」山ちゃんに作った曲、サーフロックだ、皆さんの手拍子が景気良くばっちり盛り上がる。
「紅葉」秋が待ち遠しい、藤陵雅裕の美しいソプラノ、スタインウェイのピアノとデュオ。
「キャラバン」ギンギン4ビート、納見義徳、井上尚彦のバトル素晴らしい。
満員の会場、熱気、嬉しい。
休憩タイムに、楽しいバルーンアートで、お孫さんへのお土産をゲットして嬉しいおばあさま。
「リベルタンゴ」山口彰の深いベースの情念ソロ。
「Ticket to ride」ビートルズのナンバーをファンクロックに。
「愛にあふれて」情熱の転調プレイ。
「Caribe」心身ともにラテンナンバーに捧げて全員プレイの弾丸演奏。
背筋力、がんばれ!
大盛り上がり。
アンコールを頂いて「ずいずいずっころばし」スタンディングで手拍子と合唱。
これもロックにアレンジしたものだ。
大いに盛り上がり、皆さんと楽しい音楽の時を過ごした、有難い水戸ライブ。
渡辺お世話人、哲先生、商工会議所の皆々様、井上尚彦の水戸のお友達皆さん、星見さん、ひろ子さん、かほるさん、皆さん有難うございます。
ぜひぜひ又お目にかかりたく、よろしくお願いいたします。
カテゴリー:

検索

  • 購読する