たくさんの曲と過ごす1日

8月18日
ペルーコンサートの曲目、決定。
いつも、迷いに迷い、悩みに悩む。
この暑さで、日本は四季がなくなってしまうのではないか、と報道されている。
父の思い出も、季節が変わるごとに、その季節を一緒にすごした其々のことが心によみがえる。
日本に住む人たちの情感は、四季の中にある。
季節への想いが、コンサートの軸になるだろう。
岩瀬立飛ドラマーに、ペルーの曲を添付で送る。
演奏曲の譜面を整えて、ファイルに収めて、織原良次ベーシストと岩瀬立飛ドラマーに送る。
Toquio Bossa Trio の新曲のアレンジ。
何度もテーマを弾いて、曲を理解する。
テンポによって、コードをあまり細かくしても、活きないことがある。
新しいおとを追求して、曲のもともとの情緒感をなくしてしまうことがある。
これまた、迷い悩むが、とにかく何度も弾く事で、見えてくるものがある。
生徒の方の譜面清書、封筒に入れて、明日発送。
父の戸籍書類、今日、全部揃った、、と思う。
本当に大変な日々だった。
あとは、後見事項証明書と印鑑証明を、また取りに行く。
これらは、3ヶ月有効なので、長期の取り貯めが効かないのだ。
バルサミコ酢に注目している。
バルサミコ酢、ヴァージンオリーブオイル、塩、黒胡椒のドレッシング。
旨みが深い。
ブルーチーズ、納豆、お酢、ヨーグルトなど、発酵食品は、発酵によって旨みが増して、乳酸菌、納豆菌等が身体に良い。
ミニトマトを湯むきする、トマトを少しあらミジンにして、お酢とオリーブオイルと塩コショウのドレッシングと合わせて、トマトにかけて冷蔵庫で冷やす。
ダブルトマトサラダ、ニンニクを少々加えても良い。
8月27日Satin Doll FRV!ライブ。
御予約メールを有難く頂く。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する