FRV!のライブの準備

7月17日
父にお水を供える。
穏やかな顔で私を見ている父の写真、ため息。
今日は、仕事をしよう!
洗濯、朝食は昨日のLa毛利の葡萄とくるみのおいしいパンとラタトゥィユ、チーズ。
譜面の整理、いらなくなったものを捨てる。
FRV!の曲、前にやっていてしまってあるものを発掘。
手直しして、8月3日ドルフィーと27日のSatin Dollのライブに使う。
iTunesに曲の音源3曲を入れて、CD-Rを6枚焼く。
譜面とCD-Rを織原良次、岩瀬立飛、納見義徳に郵送。
ピアノ練習、イスとピアノの距離を少し離して、両腕がのびのびするように調整して弾いてみる。
父にもらった時間、大切に仕事をしよう。
プールで500メートル。
生活クラブの生そば、おくら、もろへいや、ブロッコリー、アスパラ、ポテトサラダ、大根おろし、とろろ芋、夏野菜。
サンマフィレ焼きレモンたっぷり、すいか、桃。
午後に手直しした、ソプラノサックスの譜面を書いて、新たにトランペットの譜面も書く。
藤陵雅裕、Luis・Valleの其々の魅力あふれる演奏が、今もう頭の中に鳴り響く。
良い曲をファンキーに私なりのヴァージョンでアレンジして、皆さんと一緒に楽しむ、という名前の、ファンキー・リツコ・ヴァージョン、FRV!。
9月のモントレージャズフェスティバル行き。
サンフランシスコ空港から、レンタカー2台で、モントレーまで絶景を楽しみながらドライブする。
藤陵雅裕が、レンタカー手配をしてくれて、頼もしい。
バンドメンバーに、国際免許取得を頼む。
毎晩、といっても明け方に、空を見て、父に、また会った時に、立派に自分の人生を生きてきたといえるように頑張る、と約束する。
そして、母と家族を見守って欲しいと願う。
 
 
 
 

検索

  • 購読する