BOSTON DREAMSぞろ目の会、七夕の宵

7月7日
原宿本間パーマ。
今日は、クルセイダーズ、ハービー・ハンコック、ピー・ファンクと、ファンク路線のアナログ盤を聴いて大盛り上がり。
本間美容師は、DJもやっているのだ。
先ごろの、ファッションショーイベントで、何名かのDJと一緒に、70年代のファンクをかけたら、若いDJが、それなんすか?!と、かっこよくて驚いて、教えたら早速携帯に書き込んでいたそうだ。
70年代音楽バンザイ!
クインシー・ジョーンズ、リー・モーガンまで聴き進んで、ご機嫌さんでヘアカット終了。
楽しい美容室。
六本木BOSTON DREAMS。
ぞろ目の会ジャズを聞く趣向でお集まり。
宮崎裕子お世話人の企画で実現した。
若い世代の方々も多く、和気あいあい。
板本先輩とご友人、かほるさん、同窓なので同じテーブルで盛り上がる。
20時過ぎから、私のソロライブ開始。
星に願いを、から始めて、皆さんにジャズの成り立ちをお話しながら、イエスタデイを弾く。
キラキラ星をジャズで、とお声がかかって、即興で、ジャズ版キラキラ星変奏曲を弾く。
集中して聴いてくださる皆さんの気が、私に入ってきて、歌が指先からピアノの鍵盤に流れていく。
絵本のソムリエ、理恵さん登場。
理恵さんが読む、雨音を楽しく表現した絵本、その言葉に合わせて即興でピアノを弾く。
雨音のだんだん激しく、そして楽しくリズミックになっていく、言葉のリズムに反応して指が動く。
さあそして、今日は七夕、「たなばたさま」を皆さんと歌う。
この歌は、とっても短い歌だが、私は童謡で一番好きな歌だ。
歌うたび、ほろっと涙がこぼれる、美しい言葉と美しいメロディの歌だ。
昼間、ピアノで弾いてみて、簡単なコードから段々モダンなジャズサウンドへと発展させてみた。
そのジャズコードで、皆さんに歌っていただいた。
それから「夏の思い出」これも名曲。
皆さんが1番を歌って、私がアドリブして2番を歌って、エンディング。
夏が来た。
そしてそして、「ずいずいずっころばし」イスから立ってパーカッションとステップと歌。
裕子さんが作って持ってきて下さったゴム張りのシェーカー、私のマラカス、お店のパーカッション。
皆でピアノを囲んで、おおノリ。
歌詞カードをコピーして持っていったのだが、皆さんが歌詞を知っていて歌えるのでびっくり。
ロックずいずい!
だーれ?!をリフレインして途中転調、今日のノリで、曲が発展する。
サンバ大会、パーカッションを鳴らしながら、輪になって店内をぐるぐる、サンバを歌い継ぐ。
皆さんのノリ、素晴らしい。
止らなくなって、板本先輩が「横浜でやった美空ひばり!」と指令を下すFRV!ライブの事だ。
「りんご追分」これも皆さん歌える、えーえーえーえーがラップだ。
東京音頭もやってしまう。
1,2番皆さん、3番は私がスペイン語歌詞で歌って、マイケル・ジャクソンのスリラーダンスを踊っていただく。
非常に楽しい、子供になったみたい。
かほるさんと裕子さんのエレガントなピアノ演奏で、店内落ち着く。
楽しい楽しい七夕の宵。
裕子さん、皆様、有難うございます。
8月27日には、六本木Satin Dollで、FRV!ライブ、このノリで行きますので、皆様おいでくださいませ。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する