さわやかな白馬の朝

6月27日
7時起床、うぐいすの鳴き声が聞こえる,爽やかなゲレンデそばのかんてらの朝。
8時、全員集合で、朝食。
りんごジュースとコーヒーで目が覚める。
オムレツ、サラダ、ベーコン、手作りトマトソースでおいしい。
焼きたてパンと手作りジャム、バター、贅沢。
フルーツヨーグルト、ゆったり朝の一時。
9時からまたまたセッションだ。
皆で演奏するジャズロック、ソロを2コーラスずつまわして、最後の2小節、演奏がブレークして、アドリブ奏者のみになって見栄をきる、その繰り返し、
何度も何度も繰り返して、リピートによるエキサイトメント!
だんだんハマッてくると、いつまででも出来る感じになるのだ。
かほるさんが考えてくれた「悩殺ファッションダンサー」
4ビートの曲を演奏している間に、ダンサー4名は部屋でそっと着替え。
打ち合わせ通りに、サンバを始めると、かほる、裕美、富江、由香の悩殺ダンサーが部屋から踊りながら食堂に登場。
バンドの前に踊りながらやってくる。
びっくりした皆さんから歓声が上がって、他の女性達も皆一緒になって踊って、午前10時の白馬かんてら食堂は、灼熱のリオとなる。
これだこれだ、これこそ気楽セッションだ?!
ダンサーがチェイサーに乗って踊りながら退場した後も、ジャズ演奏は続いて、11時30分までおお盛り上がり。
昨日、恥ずかしそうだった初参加の方々も、今日はご自分で打楽器を持ったり歌ったり、ピアノを弾いたり、のびのびと楽しんでいる。
正面玄関で記念撮影。
伊東ファミリー、正江夫人にお見送りを頂いて、12時にバスは出発。
又来年、きっと来ます、よろしくお願いいたします。
前回も来たお蕎麦屋さんでお昼。
緑の山菜てんぷらと、きりっとしまった生そば。
座敷に上がって飲んでいる、井上タークン、宮崎隊長、赤べい、かほる姐さん。良く飲むなあ。
コルトレーン、マイルス、ガレスピー、ジャズの巨人達の演奏VDVを見たり、寝たりしながら、バスは一路東京へ。
マイクをまわして、合宿の感想、これからの気楽セッションご参加希望等お話いただく。
来年の合宿には、一人一芸、さらに準備、練られた楽しい出し物を期待しますよ。
楽しい時間はあっという間に過ぎ行き、仲良くなった気楽仲間の皆さんたちとの素敵な思い出は、明日からの力となるのだ。
次回の気楽セッションは、7月14日BOSTON DREAMS気楽ナイトクラブ、7月25日三鷹ソニド皆で同時に演奏する気楽セッションだ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する