気楽合宿 白馬かんてら

6月26日
8時30分、バスに乗る。
宮崎隊長率いる、気楽セッション白馬かんてら音楽合宿、出発!
もう飲んでる。
元気に白馬に到着。
古民家のおそばやさん「ちゃんめろ」の座敷に上がって、緑の庭の雨と木々の香りに酔う。
ちゃんめろ、とは、ふきのとうの事。
山菜の前菜と、フルフルの新鮮生そば。
おいしく頂きながら、全員が自己紹介。
新しく参加の、道代さん、町田さん、晶子さん、富江さん、由香さん、由紀さん。
気楽ベテランの、宮崎隊長、松本お目付け役、赤べい酒飲み頭、かほる若女将、裕美若女将、雅マラカス、白井さん、板ちょう、私市さん、立花さん。
今年は、宮崎さんのお誘いで、井上尚彦ドラマーも参加、わたくし松坂慶子。
ペンションかんてらに着くと、車組の勝山さん、布川さん、長沼さんもすでに到着。
開放感のある、風通しのよい、すてきな食堂、来てよかったな。
伊東亭主登場、附属サッカー部OBハクジュ会69回先輩だ。
さっそく、食堂に集まって音出し。
気楽セッションでバンド作りをして、どんどん演奏できるメンバーは、各楽器で演奏。
初めての参加でどうしようかなという方々は、パーカッションを持っていただいて、一緒に音を出す。
皆で演奏する、気楽セッションの基本の形で、ソロをどんどん回して、パーカッションの皆さんにも4バースソロが回って、だんだん一体化してくる。
一汗かいたところで、近くの温泉へ。
硫黄の香り、素朴な大きなお風呂、ちょっと熱めだが入るととっても気持ちよい。
はあっと一息、心も解きほぐされていく。
湯上りに涼しい風が心地よい。
宿に帰って、夕食の時間。
生ビール、珍しい日本酒、ワインで乾杯。
今の季節だけの小さなたけのこ、皮をむいて食べると、自分も山の中へ入っていく。
山菜の天ぷら、緑がきれい。
おいしいおいしい煮魚、おいしい御飯、お米もかんてら産だ。
お腹一杯頂いて、たのしいお話。
食後はさっそく、演奏開始。
今度は、コンボの形で、3,4名ずつでバンドを組んで、演奏する。
やりたい曲を話し合って、演奏する。
これは、気楽ナイトクラブと気楽ライブパーティの形だ。
裕美先生の教室の生徒さんも、初バンド演奏。
歌も出て、お酒も進んで、大ノリ大会、12時まで続いた。
その後は、中央の大きなテーブルで宴会。
2時近くまで、音楽の話、親の話、人生を語り音楽を楽しむ。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する