横浜イライザ トリオ午後ライブ

6月12日
早起きして、横浜関内ELIZAに12時着。
トリオ午後ライブ。
山口彰、井上尚彦、皆時間に正確、早速楽器セット。
簡単なリハ、テーマのみ合わせる。
アドリブは、本番までしない方が、新鮮な歌を歌える。
13時開店。
横浜の、大好きな皆様方が次々お出でになる。
智子さん、佳子さん、孝子さん、綾乃さん、純子さん、英津子さん、井手さんご一行、板本先輩とお孫さん、町田さんとひろ子さん、母娘でお出でのお客様、お店のお客様、皆様有難うございます。
父のこと、お気遣いくださって、ご自分の経験も一緒に話してくださる方々のあたたかいお気持、心安らかになる。
1セット、スタンダード曲、ビートルズナンバー、即興のやり取りでジャズ演奏。
ピアソラのモダンタンゴ、山口彰の太い音色で熱いソロ。
2セット、オリジナル「おかえり」、スタインウェイのピアノ、そっと包むように弾いてみる。
お店の一番遠いところまで、歌が届きますようにと。
マリア・エヴァが、客席に!
呼び上げて、2曲歌ってもらう。
小気味よいこぶしとビブラート、食いつきの良いリズム、倍のテンポを要求したりワクワクする盛り上がり、なにより声が良い。
久しぶりの共演、有難く盛り上がる。
最後は、ミッシェル・カミロの超速サンバ、井上尚彦の歌心あふれる演奏の展開、毎回スリリングでジャズだなあと思う。
皆さんと一緒に、MY WAYを歌って手拍子,スタンディングで,エヴァさんも一緒に楽しいフィナーレ。
音楽は、すべての憂さを焼き尽くして、幸福感が頭と心の中一杯に広がり残る。
土曜の午後にお集まりくださった皆様に、感謝感謝。
お世話人、雨宮直子さんに感謝。
次回は、9月4日午後2時からとなった。
どうぞ又お出で下さい。
ライブ終了後、智子さん、孝子さん、綾乃さんと、サクラというお蕎麦屋さんで打ち上げ夕御飯。
お蕎麦屋さんのおいしい出し巻き卵、ゴーヤチャンプルー、豚肉野菜のみそ焼き、サラダ、冷やし旬菜そば、おいしい。
智子さんは、長いお付き合い、汐見台団地ホームコンサートを企画してくださって、何度も出演させていただいた。
久しぶりにゆっくりお話をして、心が温まる。
幸せな一時、有難い。
帰宅して、モントレー現地でのバンドの行動について、MJF能登の世話役間蔵さんに電話で問い合わせ。
いろいろ説明を受けて、安心する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する