緑の季節 家でゆっくり仕事する

4月30日
季節がどんどん緑の季節になっていく。
桜の時に、毎年、大好きな散歩道のしだれ桜を楽しみに歩いて、生命力に満ちていく季節を自分に入れることが何よりの喜びだった。
今年は、衰弱していく父と元気になっていく季節に、気持が混乱して、桜散歩もせず、緑の木々を楽しみにする気持になれない。
今日は、散歩道を歩いてみた。
目にしみる、美しい黄緑の新葉、白い花と緑の対比、輝く太陽、爽やかな風。
「おとうさん、ごめんね」「私も元気が欲しいよ」と言いながら、歩く。
やせ細って骨だけになった父の手のひらを握って、思い出したのが「手の平を太陽に」という歌。
「僕らはみんな生きている、生きているから歌うんだ、、手の平を太陽に透かしてみれば、真っ赤に燃えてる僕の血潮、、」
子供達の元気な歌だろう、しかし、枯れ行く父と手を合わせて、歌いたい気持の歌だ。
今日の散歩道、この歌を歌いながら歩いた。
ピアノ、イタリアの曲、ボチェッリが歌っている曲、一度アレンジして上手くいかなかったものを、手直しする。
ボチェッリは、おととい28日に日本公演をした。大人気歌手だ。
素晴らしいメロディの佳曲、それゆえに、アドリブの部分のアレンジ、コード付け、2,4で割れないサイズをどうするか等、何日も悩む。
なんとかまとめて、ほっとする。
プールで、少しだけ身体をほぐすくらいで500メートル。
鯖の味醂漬、豆腐と葱の味噌汁、切干大根と牛蒡煮、菜花おひたし、新キャベツサラダ、炊きたて雑穀御飯など。
食べ始める時に、胃に違和感がまだあるので、気をつける。
アレンジした曲の譜面書き、これが楽しい仕事。
サックス用に違うキーで書く。移調仕事。
明日の譜面並べ。
曲目は午後のうちに、FRV!メンバーにメールで知らせた。
明日は、横浜DOLPHY、ドルフィーは、エリック・ドルフィーのことだろう。
ジャズ喫茶の雰囲気満点の、音響が最高のお店だ。
連休なので、お客様が心配だ。
御予約頂いた方々に、開店時刻と、開演時刻をお知らせした。
18時半開店、19時半過ぎ開演、どうぞお出で下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する