法務局へ 病院へ

4月26日
九段下の東京法務局へ。
母の後見人であることの事項証明書を取る。
申込書に書き込んで、1枚800円の印紙を買って貼り、保険証を見せて、しばらく待つと、証明書が出てきた。
受け取って帰宅し、母の保険でわからなくなっている会社に証書再発行のために、この証明書を発送した。
父の病院へ。
従姉や甥が、父を見舞っている。
父は、細い細い両手を、布団から出して、私の手を握った。
意外に力があった。
耳元で、「花」を歌った。
父は、その両手で、拍手をした。
父の手を握って過ごす短い一時。
のちに、どんな気持で思い出すだろうと思うと、あまりに貴重な時間。
今のこの時間、幸せなことなのだと。
「又来るね」というと、声にならない声で「うん」
そっと退室した。
帰宅して、料理。
冷蔵庫整理料理。
生活クラブの生そば、本当に沸騰したとたん火から降ろすくらいにすると、透き通るような、蕎麦の取れる地で頂く生そばの感じになる。
蕎麦に合わないけれど、新じゃがと新たまねぎスライスを少しのしそ油でいためて、煮て新キャベツも加えてあっさりホワイトソースを少量入れて、輪島の海塩で調味して、
グラタンにしようかと思ったが、ビタミンが減らないように、そのままにした。
水菜と新キャベツ、セロリ、作り置いたピクルスの千切と漬け汁で味をつけて、ニューサマーオレンジを絞る、さっぱりサラダ。
ほかいろいろ。
今日は、少しゆっくりする。
ふるさとイベント協議会が、活動に入った。
5月9日に総会、6月12日に古民家合宿、そして10月頃、吉祥寺井の頭公園でイベント予定だ。
昨年NPOとしてスタートした、都市と農村を楽しいイベントでつないで、国産農業を支えるふるさとイベント協議会。
今年も、楽しく盛り上げたい。
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する