両親の病院へ

3月25日
母の病院へ。
なんと、母は、車イスに乗って、ロビーに出てきた。
 
2月初めに急変してから、家族で悩み決断して、命を救った。
3月初旬に、転院先から帰ってきた時に一度見舞ったきり、父の病変で、母のことを考える余裕がない日々。
また、車イスに乗れるようになるとは、感無量。
痩せたが、目を輝かせて、一緒に春の歌をしっかりと歌う母。
ただただ嬉しい。
看護師さんと主任さんが、嬉しい顔で経過を話してくれる。
お別れの時に、帰っていく母に付き添って、二人が、よかったね、と母に話しかける、その姿。
感謝感謝。
父の病院へ。
父は、昨日より少し寝るモードだったが、今何時だ?と聞いたり、意識ははっきりしている。
母が元気だったことを伝える。
医者をしている従兄が、父を診に来て、峠は越えた、と、伯母に伝えた。
親二人は、とりあえず、生きている。
しかし、これからも心配の日々が続いていく。
帰宅して、ピアノ練習。
「Cry Me a River」のアレンジ。
今まで、Cmでサンバで演奏していた。
これを、スローにして、キーを見直す。
コードも、スローにした分、いろいろ凝って考えられる。
楽しい作業だ。
プール。
身体を伸ばして、布団の中で大背伸びしているような感じで、クロールとバック。
呼吸とともに、水を掻く。
ほっけの干物大根おろし、コゴミとタラの芽とブラウンマッシュルームのオリーブオイル揚げ、ウルイの酢味噌、赤ピーマンと水菜の清美オレンジ絞り汁とりんご酢ドレッシングサラダ、豆腐と葱と納豆の味噌汁、赤かぶ漬、グリーンピース御飯。
依頼があった、南米ツアー記の原稿書き。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する