市役所と病院へ

3月24日
実家の市役所へ。
母の関連書類を、実家でなく、後見人の私の家に送ってもらう手続きをする。
今まで、父が実家で、母の書類を受け取っていた。
その後、父の病院へ。
なんと、父は血の気がさして、顔が元の顔に近く戻っていた。
はっきり聞き取れないのだが、皆のおかげで、と言った。
看護師さんが、「のどがカラカラですね」というと「財布もカラカラ」と笑わせたそうだ。
手足に点滴の針が入らなくなって、胸の大きな血管から輸液を入れている。
1230カロリーと書いてある。
いろいろ覚悟したので、気持が、嬉しいのだが混乱する。
しかし、これからどうなるのだろうか。
また、口から食べ物が入ったらどうなるのだろうか。
疲れが、どっと出る。
今日は少し、休養しよう。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する