本間パーマ、帯津さん

今日も、寒い日。
原宿、本間パーマ。
今日は、ゆっくり1時間半、いろいろ話をしながら過ごす。
本間さんは、心の友だ。
ジャズを愛し、爽やかに仕事をしている。
帯津良一さんの本を買い求める。
帯津さんの提唱する、生命場、という考え、思い当たることがあり、興味深い。
ライブの時のエネルギーの燃え立つ瞬間、生命場という言葉が収まりが良い。
インターコンチネンタル東京ベイサンセットラウンジ。
中山育子。
育子さんに、昨日から今日にかけて書いた「赤いサラファン」の譜面を渡す。
自分でトリオでやっていたコードを、少し変えて、2拍子と6/8拍子にアレンジした。
エレガントに出来たと思う。
音楽がお好きなお客様方を迎えて、充実したデュオの夕べとなった。
感謝、感謝。
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する