カフェスローで、松谷冬太ライブに参加 

12月26日
国分寺南口から、歩いて5分もかからないだろうか、カフェスローに、14時前に着く。
カフェに入る前に、隣のアチパンに飛び込む。
ここの無添加天然酵母パンは、天国の味だ。
かぼちゃ、抹茶、バナナとおから等のマフィンを、たくさんトレイに乗せる。
店中のパンを、全部買い占めたくなる。
これこそ、家庭で作るパンの味、素晴らしいの一言。
店の奥の、パン焼き場から、りんごを蒸す良い香りがしてくる。
今日は、シンガーソングライターの、松谷冬太さんのライブ。
誘っていただき参加する。
ウッドベースの、畠山芳幸さんは、初共演。
3名で、のんびりリハ。
17時まで、ゆっくりリハ。
リハ後、お店のお料理、野菜と玄米の丼を注文する。
これがまた、おいしい。
嬉しいお店だ。
18時から、ライブ。
私のオリジナル曲「Her Tears are Flowers」ピアノソロから。
スティービー・ワンダーの曲を、冬太さんと二人で。
冬太さんのオリジナル「Family」「夢の中へ」
ゆったり、あったかくてのんびり、そして大きな世界。
太い声、柔らかい声、素晴らしいダイナミクス。
一緒に演奏しながら聴き惚れる。
畠山さん、タフに熱い心のソロで、お客様を魅了する。
気楽セッションにお出でになった、真佐子さん、お運び有難うございます。
辻信一さん、お嬢様とお友達、辻さんのお兄様大岩ご夫妻、妹さん、ご家族で、有難うございます。
冬太さんが、「SMILE」収録の、「ふたつの星」を歌ってくれた。
リハの時から、泣けて泣けて、有難いこと。
FRV!の織原良次ベーシストと一緒に仕事をしている、サックスの森田さんが、2セット目に飛び入りで参加、
生き生きとしたプレイを聴かせてくれた。
2セットのライブ、年末の不思議な時間、お集まりくださった素敵な素敵なお客様。
心の洗濯のような、音楽の時間だった。
冬太さんご夫妻に、感謝感謝。
あたたかいお二人と出会えて、良い年だ。
辻さんと、少し話す時間があった。
いつもながら、あたたかい心で、強い意志で明るく語る辻さんのお話、辻さんの目を見て、力を貰った。
来年は、たくさん、このカフェスローに来るぞ。
アチパンをキャリーバッグに沢山詰め込んで帰る。
今年のライブは、あと、28日ソフトウィンドToquio Bossa Trio ライブで、おしまいだ。
年々、一回一回のライブが、貴重で楽しく嬉しく、お客様方との時間が幸せに感じられる。
辻さんと、「夢なんてない!今日、今が大切だ!!!」と大きな声で言い合った。
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する