温圧とカレーとガーナ料理

12月20日
父の行き先のことで、家族で電話とメールで相談。
今が正念場。
シーパップテクノ株式会社温圧とレッスンの集まり。
ガーナからいらした農学博士の方と、初対面で、話がはずむ。
アフリカ音楽のお話になって、来年のFRV!ライブに、素敵なアイデアが生まれた。
この何日か、来年のことに、気持が集中してきて、いろいろな楽しい新しいことをやりたいな、と、手帳に書き込んだところだ。
アフリカでは、長生き出来ないので、先のことは考えないのだそうだ。
朝起きて、今日も元気に生きている、と、喜ぶのだ。
そして、アフリカでは、ナチュラル、自然、という言葉がない。
ナチュラルといっても、理解されない。
ナチュラルが当たり前だから、生まれた時から自分もまわりも全部、ナチュラル、だから、だそうだ。
これは、すごいことだ。
アフリカの人達は、踊るのが好き。
お酒を飲んでも、悩みは消えない、朝起きたら又その悩みが来る。
しかし、踊ると、悩みは少し小さくなるという。
ガーナのお料理、タロイモのお餅に、おいしい鶏と海老のスープがかけてある。
小野さんの、出し取り名人カレー、牡蠣御飯、おいしいお料理。
まどかさん、美智子さん、ひろ子さん、菊池さん、山崎先生、潤子さん、椎名温圧施術師、皆で楽しい会話とおいしい料理、おいしいワイン。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する