2009年11月アーカイブ

11月5日カヤオ市公演

11・5

ツアーに出て、父のことを考えないようにして、また毎日起こることで一杯で、

考える余裕も時間もなく過ごして来たが、昨夜ゆっくりする時間を持つと、

夜中に父と母のことを考えて、涙が止らなくなった。

母は、どうしているだろうか。

父は生きているだろうか。

もう旅立ってしまったのだろうか。

・・・続きを読む

11月4日 カヤオ公演の準備

11・4

日本食、TOSHIROに、納見義徳、織原良次と行く。

ご主人のとしろうさんがいた。

納見義徳は、刺身定食、織原良次はトンカツ定食。

私は、鮭の柚庵焼き、茶碗蒸し、野菜の酒蒸し、お漬物、味噌汁の豪華版。

ホクホクの鮭の焼き物にフレッシュなキャベツ、リマのレモンはライムのような緑のレモンで、あまり酸っぱくない。

これを絞っていただくと、なんともいえないおいしさ。

・・・続きを読む

11月3日リマ 日本人移民110周年記念公演

11.3

朝、大使館内田さんから、お電話。

岸のりこの具合が悪く、点滴中という。

次々に、病人が。

今夜の出演は無理、安静にして、ベネズエラに行けるかどうかだという。

これは、どうしたものか。

今夜の公演は、日本人移民110周年記念式典に続く、文化週間開会のイベント。

また、メンバーが揃わない演奏となる。

会場行きのバスの中で、あれこれ考える。

・・・続きを読む

11月2日 リマ 公演の準備 大使公邸晩餐会

11.2

熱はまだありそうだが、かなりよくなっている。

朝食に行こうと、部屋を出ようとしたとき、電話が鳴った。

吉尾公弘、急に具合が悪くなったという。

身体全体、動悸がするという。

朝食取りやめ、伊東医務官に電話。

・・・続きを読む

11月1日さよならラパス リマへ

11.1

4時20分に起きる。

2時間寝たか寝ないか。

さすがに、身体が動かない。

無理無理に、頑張る。

ホテル6時20分出発。

どんどん山を登って、4200メートルの空港、その名も、EL ALT。

チェックインを待つ列で、立っていられなくなる。

・・・続きを読む

検索

  • 購読する