ドルフィー壮行ライブで火がつく。

10月25日
咳で寝られず朝は、最悪な体調、だるくて食事ものどを通らない。
こんな状態、どうしよう。
アレルギーではと、いつもの花粉症の薬を飲んでみる。
横浜ドルフィーに16時半。
前のイベントが延長したため、喫茶店でメンバーと待つ。
皆、ツアーの準備でいろいろ心配。
リハを18時30分まで。
お客様をお待たせしてしまって、申し訳ないことだった。
リハ後、近くの中華料理屋さんで、食事しながら、航空券とチケットをメンバーに渡して説明。
今の航空券は、e-チケットで、紙1,2枚。
アレルギーの薬が効いて、身体が楽になってきた。
今日は、南米コンサートの曲を、ほとんど全部演奏する。
バンドの演奏と、岸のりこの歌の曲。
納見義徳、闘魂のコンガ、素晴らしい。
藤陵雅裕、いつもにまして熱い熱いソロ。
織原良次、スムーズなベースソロで、皆感心する。
吉尾公弘、がっちり押さえた重厚ドラムス、頼りになる。
岸のりこ、深い声、あたたかい心、大向こうをうならせる。
MARIZONAさんご一行、ママレモン勝本さんご一行、二川さん、
高村さん、気楽の皆さん、有難うございます。。
牧野先輩、すみ江さん、芦田さん、英津子さん、感謝。
板本先輩、小林先輩、附属の皆さん、有難うございます。
根本ご夫妻、井手さん、雨宮さん、坂井さん、横浜皆さん、有難うございます。
遠藤さん、ご家族で有難うございます。
ドルフィーのお客様、感謝。
皆さん、有難うございます。
お客様のお心をパワーとして、心に火をつけて、頑張って行きましょう。
カテゴリー:

検索

  • 購読する