筑波で、ラテン大盛り上がり!

10月10日
筑波エクスプレスで、筑波へ。
カフェガルデンブレーメン。
15時半から、機材と楽器セット、その後リハ。
やまもときょうこ、渋谷和利、岩瀬立飛。
渋谷和利は、オルケスタ・デ・ラ・ルスのメンバー、今年は2枚アルバムを出して大忙しだ。
特注のオレンジ色のラテンベースと、赤いパンツで、雰囲気素敵。
岩瀬立飛は、ソフトモヒカンで、美しい楽器を並べて、今日も楽しみ。
やまもときょうこは、人格者、深い心でまっすぐの歌を歌うシンガーだ。
水戸から、星見さん、ひろ子夫人、ひろ子さんの3名が、エレピと音響機材を運んできてくださってセット、有難い。
リハ後、皆で大騒ぎしながら、おいしい食事を頂く。
お客様、満員御礼。
18時半から21時はまで、45分3セット。
最後のセットでは、サンバで大踊り、客席から立って、お友達を誘って踊る方、ダブルひろ子ダンサーズ、星見さんもダンス。
私も、立ってエレピを弾きながら、大合唱、岩瀬立飛叩き語り大合唱。
渋谷ベーシスト、しっかりあたたかい太い音でリズムを刻む姿がかっこよい。
きょうこさんと、CD製作中とのこと。
大盛り上がりのライブ。
帰りの電車で、やまきょうと、いろいろ話して又盛り上がる。
帰宅して、南米メール。
明日の譜面揃え。
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する