葉山ラ・マ-レ・ドチャヤ

9月12日
雨模様、すっかり秋になってしまった。
甘なが唐辛子をごま油で炒めて、かりかりじゃことみりんと醤油と少しのお水で煮詰める。
とてもおいしいのだが、時々辛いのに当たると恐ろしい。
葉山マリーナ隣、ラ・マ-レ・ドチャヤ。
海に張り出した3階建てのレストランカフェバー。
両親がまだ元気だった時に一緒に来て、食事をした思い出の場所。

河野温カルテットライブ。
河野温sax、山口彰bass、原田俊太郎drums。
原田俊太郎とは、旧知の仲。
おじいさんがジミー原田、おとうさんが原田イサム、そして本人、全員ドラマー。
おじいさんはイギリス人、左利き、おとうさんは右利き、本人は左利き。
一説に、親子で向い合ってドラムを教わったので、左、右、左になったとか?!
とっても明るくて楽しくて愉快な俊太郎さん。
今日も、仕事前に食事しながら、「全日本音楽友愛党」を作ろうと言い出して、マニフェストは、
はやいテンポの曲はやらない、途中一部だけ変拍子禁止、仕事場に駐車場確保、ライブは1バンド週3日続きシステムとする、など
良い意見と混ぜ混ぜのギャグで盛り上がる。
お店の奥に、ちょっとレトロなステージ。
小野夫妻いらして、嬉しい驚き。
河野温サックス奏者は、本当にサックスプレイヤーらしい雰囲気と大らかな人柄ゆえのでっかいノリで、あたたかい演奏、スタンダードの楽しい夕べ。
ノリのよいお客様方、外国の方も沢山いて、にぎやかな店内。
良いお店だ。
仕事の合間に、父に電話。
今日は一人でいる。
お風呂に今日入るというので、卒倒しないか心配で電話する。
倒れる時は意識不明になるので、湯船はこわい。
明日は又泊まる予定。


 

カテゴリー:

検索

  • 購読する