病院とゆうらいくライブ

9月4日
朝6時に目が覚める。
実家の生ごみ出しの日だったことを思い出した。
妹に電話で依頼する。
心臓が苦しい感じで眠れない。
病院から知らせがないのだから大丈夫なのだが、無事戻っても、それからの生活を変えなければならないことを考えると、先行きどうなるか見えず、重いものが心に溜まっていく。
まずは、食事。

生活クラブのタンドリーチキン、鶏に味付けがしてある。
たまねぎを炒めてこれを加えて火を通す。
蒸し人参とジャガイモを加えてタンドリー風味の鶏カレー煮。
葱の青いところを沢山刻んで、木綿豆腐で麻婆豆腐。
卵と大根葉のお味噌汁。
玄米御飯、りんご、りんごは秋の味、目が覚める。
急いで、夜のライブの曲を譜面揃え。
父の病院へ。
父は、さっぱりした顔で、出されたココアと蒸し菓子を食べていた。
今年3回目の発熱入院肺炎、今回は厳しいかと思ったが、まずは助かったようだ。
6回食というのがあって、1日6回出してくれる有難いシステム。
父の好物のチーズ系のプリンもそっと出す。
おいしい、と食べた。
フェイスタオルを熱いお湯で絞って渡すと、気持ちよさそうに顔を拭く。
点滴が取れているので、着替えをさせる。
持って来たパジャマになる。
足は、根元が私の腕の根元くらい細い。
これでは、起き上がれないはずだ。
少し話をする。
元気で家に帰ったら、家の中をどうしようかと話すと、父は嬉しそうな顔で答えてくる。

口腔ケアが、肺炎を防ぐ一手段と話した。
帰ろうとすると、自分で歯を磨きに行った。
とりあえずほっとして、北千住へ。
ゆうらいくに到着、ものすごい疲れ、具合が悪くなるのではないか。
ゆうらいくは、今年で21周年、今宵は記念のライブだ。
山口彰、吉尾公弘のトリオ。
栄美子さんとかずこさん、山岸さん、元子さん、美津枝さん、有難うございます。
お客さんと差し向かいで、3名でたっぷり演奏。
アドリブソロは、1,2,3セットと進むと、どんどん深くなっていく。
ジャズはやらねばできない、やればやるほど、だ。
ライブが終わると、体調はすっかり良くなっていた。
音楽は有難いものだ。
遠田マスター、21周年おめでとうございます。
長いお付き合いだ。
これからも元気でお店を続けていただきたい。
9月9日に、南米リハがある。
その準備を2,3日にするつもりだったが、父のことで飛んでしまった。
なんとか明日から間に合わせたい。
しかし無理せず、柔らかくやっていこう。
明日は、銀座スイング、サンバセッションだ。
Toquio Bossa Trio プラス2。
Toquio Bossa TrioのCD、吉田和雄リーダーが集中してまとめ中。
今秋発売予定。
我ながら楽しみな感じだ。

カテゴリー:

検索

  • 購読する